人工毛植毛の危険性についてきちんと知っておきましょう!

植毛には、自分の毛髪を移植する自毛植毛のほかに、人工毛を植毛する方法があります。

人工毛植毛は、ポリエステルやナイロンなどの合成繊維でできた人工毛を頭皮に植えこんでいきます。

これは日本で開発された技術で、希望どおりの毛髪の量を増やせるばかりか、髪の毛の長さも自由につくれるので、好みのヘアスタイルを実現することができるというメリットがあります。

しかし、アメリカではこの人工毛植毛は法律で禁止されています。

また、日本でも日本皮膚科学会の「男性型脱毛症の診療ガイドライン」では最低ランクのDランク(行わないように勧められる)となっています。

どうしてでしょうか?

これには、人工毛植毛に次のようなデメリットや危険性があるからです。

我々の体には、体内へ侵入してくる異物などから身を守るために免疫システムが備わっていますが、人工毛も異物と認識されます。

免疫システムによって異物と認識された人工毛は体外に排出されようとするため、抜けやすくなってしまうのです。

どれくらい抜けるかというと、1年もすれば60~70%がなくなってしまうといわれています。

「マジか?」というレベルですね。

ですから、植毛当初の状態を維持するためには、1年のうちに何回も植毛をくりかえる必要があるというわけです。

このように、人工毛はどうしても抜けやすいものですが、なるべく抜けないようにするためには、頭皮の奥深くまで差し込んでしっかりと固定することが必要になります。

しかし、人工毛が根元の近くで切れてしまうと、頭皮の中に根元だけが残ってしまい、取り出すのが難しくなるという問題も起こります。

また、人工毛は抜けやすいというだけでなく、免疫反応が必要以上になってアレルギーを起こすケースもあります。

さらに、人工毛では移植した部分が細菌が繁殖しやすい状態にもなります。

どういうことかと言いますと、髪の毛は毎日少しずつ伸びることで、根元にたまった皮脂や垢、ほこりなどの汚れを押し出していますが、人工毛は成長するということがないので、移植した部分に汚れがたまりやすくなるのです。

そのため、最近の繁殖によって、頭皮が炎症を起こしてただれたり、化膿したりすることもあります。

そして、化膿したり炎症を起こした頭皮は、繊維化して硬くなり血行が悪くなってしまいます。

その結果、周囲の自毛までもダメージを受けて抜けてしまい、生えてこなくなるという危険性もあります。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする